よくあるご質問

よくあるご質問をまとめました

3Dプリンターに興味はありますが、使ったことがなく不安です。

当社では初回納品時に設置講習を受けていただくことをお勧めしております。こちらの『設置講習』には、プリンターに最適な設置場所の確認、基本動作から必要ソフトのインストール作業、初期の設定等を丁寧に行い、お客様の出力したいデータを出力するまでを一緒に確認を行っております。

また、プリンターにて造形後の後処理やご自身でのメンテナンス方法等、お役に立つ作業を初回にじっくりご一緒させていただくことで安心してお使いいただけるようサポートさせていただきます。


保守費はどれほどかかりますか。

弊社では必須の保守費というものは発生致しません。FEPフィルム、レジンVAT等の消耗品についても比較的割安で、ご自身にて交換しやすい仕様となっておりますので保守についてのランニングコストがかかりません。


造形ができない場合はどのような時でしょうか。

例えばレジンVATに残ったレジンを攪拌作業等も行わずに1か月程入れたままにし、造形してしまったというお問い合わせをいただきました。また造形時に必要なサポートの数が不足することによる不良などが挙げられます。歯科用パラメータの設定といった細やかな作業が要因でなくとも、清掃作業やささいな心がけで防げる点が多い為、初期設置講習でも1つ1つ丁寧に説明させていただいております。


はじめて使用する際に、プリンター以外に必要なツールを教えてください。

3Dプリンター本体以外には、造形するためのレジンが必要となります。また、消耗品であるFEPも数枚お手元にあると便利です。レジンVATにつきましては必ずしも複数個は必要ございませんが、数色を造形する場合には都度完璧に洗浄するよりも便利かと存じます。

このほか手を保護する道具(手袋等)、ご使用レジンの種類によっては洗浄液(IPA)、出力品により各種やすりや塗料といったツールが必要となります。


出力後(造形後)の洗浄にはIPAというアルコールが必要と聞きました。アルコールが手に入りにくいご時世ですがいい方法はありますか。

レジンといえば通常は洗浄の際にIPA(イソプロピルアルコイール)が必要ですが、当社で取り扱いの『水洗いレジン』シリーズをご利用いただく場合には水道水のみで洗浄できますので、出力の際に水洗いレジンをご利用いただけますとアルコール入手の問題は解決できます。水道水のみで気になる場合には、食器用の中性洗剤を使用すると綺麗になります。


メンテナンスについてはどのようにしたらよいですか。

大型のプリンターではLCDパネルをはじめとする部品交換も一苦労ですが、ユーザー様ご自身で簡単に交換いただけるような仕様となっております。定期的な清掃方法や使用後のレジンの保管方法なども初期設置講習にて詳しくお伝えをさせていただいておりますので、安心してご利用いただけます。

また、万が一修理が必要な場合には修理を承っております。輸送も一般的な大型プリンターに比べ比較的容易で、修理拠点も国内受付の為安心です。


他社の3Dプリンターも1台使用しており、追加で検討しております。購入の場合、レジンはメーカー専用レジンとなるのでしょうか。

プリンターを製造しているメーカー専用レジンをご利用いただかなくとも、出力が可能です。例えば『sonic mini』と『Design Tool 水洗いレジン』の組み合わせは、同じデータで出力した場合もより細部まで再現が出来ているというお声を多くいただいております。お使いの機種とレジンとの相性により出力物の完成度が異なって参りますので、ぜひご納得いただける使いやすいレジンにてお試しください。


使用するレジンのお勧め色はありますか。

お好みでお使いいただいておりますが、実際の出力物で陰影が見やすいのはグレー、マージンが分かりやすいというお声が多いのはペールオレンジとなっております。展示用に白をお使いのお客様もいらっしゃいます。